top of page

道徳のダブルスタンダード

不信と道徳


不信感は他者が自分を搾取する可能性を示唆
他者を信頼していない人は道徳のダブルスタンダードを用いることが研究より判明
「他者を批判しながら自分も同じ行動を取る」背景には不信感があるということ

他者を批判しながら自分も同じ行動を取る人は周りにはいますか?


なぜ、そのような人がいるのでしょうか?


また、このようなダブルスタンダードはどのような利点があるのでしょうか?


不信感について考えてみましょう。


不信感は他者が自分を搾取する可能性を意味する一種のバロメーターのような物だと考えられています。


「他者を信頼していない人は道徳のダブルスタンダードを用いる」ことが2018年の研究より判明しました。


ここからわかることは、「自分が行うことでも他者を非難する」背景には不信感があるということです。


自分が他者から搾取されない為に、他者を非難しつつ同じ行動を取る(メリットがある行動を取る)わけで、その傾向は他者から搾取される可能性が高い人(不信感を感じてる人)によく見られるということです。


参考文献:


Weiss, A., Burgmer, P., & Mussweiler, T. (2018). Two-faced morality: Distrust promotes divergent moral standards for the self versus others. Personality and Social Psychology Bulletin, 44(12), 1712-1724.

Comments


bottom of page