top of page

女性は慎重に...?

新奇環境での探索の性差


新奇環境での探索パターンの性差を調べた2016年の研究
女性は男性よりも一時停止する時間の割合が高く、再訪問行動も多かった
女性の探索パターンはより慎重であることが示唆

小さい子どもを新しい場所に連れて行くと、内気な子は部屋の隅っこで固まることがあります。


新しい環境で子どもがどう行動するかというのはイメージしやすいのですが、大人はどうでしょうか?


新奇環境への進出することは物理的なリスクをもたらすと考えられますので、女性はリスク回避傾向が高いことと併せて考えると、新奇環境での行動には性差が見られるかもしれません。


2016年の研究によると新奇環境での女性の探索パターンはより慎重であることがわかりました。


具体的には女性参加者は男性参加者よりも一時停止する時間の割合が高く、再訪問行動も多かったのです。


この論文は実験手法も面白いポイントですので(仮想空間で実験が行われた)、興味がある方は以下より論文にアクセスしてみてください。


参考文献:


Gagnon, K. T., Cashdan, E. A., Stefanucci, J. K., & Creem-Regehr, S. H. (2016). Sex differences in exploration behavior and the relationship to harm avoidance. Human Nature, 27(1), 82-97.

Comments


bottom of page