top of page

テストステロンと不貞行為の関係

テストステロン値が高い男性は不貞行為が多いのか?


40歳〜75歳の男性を対象にテストステロンと不貞行為の関係を調べた2019年の研究
不貞行為の頻度とテストステロン値に有意な正の相関が見られた
テストステロンと不貞行為の関連は性的機能不全のない男性にのみ存在することが判明

多くの人が知っているホルモンの代表格にテストステロンがあります。


「男性機能となんか関連していそうだなー」と漠然としたイメージを持っている方は多いと思いますが、今回はテストステロンからわかる不貞行為について考えてみましょう。


40歳〜75歳の男性を対象にテストステロンと不貞行為の関係を調べた2019年の研究によれば、不貞行為の頻度とテストステロン値に有意な正の相関が見られました。


また、テストステロンと不貞行為の関連は性的機能不全のない男性にのみ存在することが判明しました。


(性的機能不全がない場合)中年期を迎えてもテストステロン値が高い男性をパートナーはそう単純には喜べないのかもしれません。


参考文献:


Klimas, C., Ehlert, U., Lacker, T. J., Waldvogel, P., & Walther, A. (2019). Higher testosterone levels are associated with unfaithful behavior in men. Biological psychology, 146, 107730.

Comments


bottom of page