top of page

嫉妬する犬

犬と嫉妬行動


社会的な絆を維持するという機能的な観点から考えるとヒト以外でも社会的な種は嫉妬の感情を持つ可能性がある
実際、飼い主が犬のぬいぐるみに愛情を注いでいると、犬は間に割り込んだり、飼い主に触れたりなどの嫉妬を意味する行動を取ることが研究から判明

「嫉妬」と聞くとついつい高度な認知メカニズムを想定してしまいますが、ヒトだけが嫉妬するのでしょうか?


嫉妬を適応的な感情として捉えると、嫉妬には何らかの機能的な側面があることが考えられます。


例えば、社会的な絆を維持し続けることに嫉妬の感情が役に立つという立場に立つと、ヒトだけでなく社会的な種は嫉妬の感情を持つ可能性があるということが言えるでしょう。


実際、「飼い主が犬のぬいぐるみに愛情を注いでいると、犬は間に割り込んだり、飼い主に触れたりなどの嫉妬を意味する行動を取る」ことが2014年の研究からは判明しました。


「嫉妬」は意外と複雑な認知メカニズムが要求される感情ではないのかもしれないということがこの研究からは言えるのかもしれません。


参考文献:


Harris, C. R., & Prouvost, C. (2014). Jealousy in dogs. PloS one, 9(7), e94597.

Comments


bottom of page