top of page

地位が高い人=身長が高い人

社会的成功と身長の関係


社会的地位が高い男性は身長が高く見積もられる

ヒトの心とはとても複雑なものです。


あまりにも複雑な為に、本当かな?と疑いたくなるような現象も起きます。


「社会的地位が高い」と「高身長」とはどちらも「高い」に関連づけられた現象です。


よって、「地位が高い人=身長が高い人」という不思議な構図が成り立つのです。


ある研究によると、社会的地位が高いと認識されると、その人の身長は高く見積もられます。


逆に、社会的地位が低いと認識されると、身長は低く見積もられます。


対象が男性であるか女性であるか、さらには顔見知りかどうかに関係なく、この現象は確認されいます。


なぜこのようなことが起こるのでしょうか?


正確に身長などを見積もれた方が良いように思えますが、心理的メカニズムはそう単純ではないようです。


ある研究者によると、ヒトが(価値の知覚に対して)このような歪んだ認知の仕方をするのは、刺激を過大(もしくは過小)に認知することにより、近い刺激同士を混同させないためのようです。


さらに、身長が高いと社会的地位が高くなることも確認されています。


例えば、米国の研究では、高身長だと採用されやすく、昇進されやすいことがわかっていますし、20世紀の大統領選では、2人の候補者のうち、身長の高い方が約80%の確率で勝利しています。


参考文献;


Wilson, P. R. (1968). Perceptual distortion of height as a function of ascribed academic status.The Journal of Social Psychology, 74(1), 97–102.https://doi.org/10.1080/00224545.1968.9919806


Dannenmaier, W. D., & Thumin, F. J. (1964). Authority status as a factor in perceptual distortion of size.The Journal of Social Psychology, 63(2), 361–365.https://doi.org/10.1080/00224545.1964.9922246


Tajfel, H. (1957). Value and the perceptual judgment of magnitude.Psychological Review, 64(3), 192–204.https://doi.org/10.1037/h0047878


Gillis, J. S. (1982). Too tall, too small. Champaign, IL: Institute for Personality and Ability Testing. Stulp, G., Buunk, A. P., Verhulst, S., & Pollet, T. V. (2013).Tall claims? Sense and nonsense about the importance of height of US presidents.The Leadership Quarterly,24(1), 159-171.https://doi.org/10.1016/j.leaqua.2012.09.002

Comments


bottom of page