top of page

出る杭は打たれる

成功者に対する妬み


オーストラリアの調査では平均的な人よりも成功者が落ちこぼれていく方が喜びが大きいことが判明
日豪の比較研究によると、日本人は成功者が落ちていくことを特に喜ぶことが判明
成功者への妬みは地位の格差を埋めるのに役立つということ

つい成功者を恨んでしまうような経験はありませんか?


成功者は批判の恰好の的になることがあります。


例えば、「オーストラリアの調査では平均的な人よりも成功者が落ちこぼれていく方が喜びが大きい」ということがわかっています。


また、「日豪の比較研究によると、日本人は成功者が落ちていくことを特に喜ぶ」ことも判明しています。


なぜこのような「成功者を妬む」ような現象が見られるのでしょうか?


「成功者への妬みは地位の格差を埋めるのに役立つ」ということを考えると進化心理学的な解釈が容易でしょう。


私たちヒトは社会的な動物である為に、他者は助け合う存在でもありながら貶め合う存在でもあるというわけです。


平均的な人が落ちこぼれても自身が経験する相対的な地位の上昇は低いですが、成功者が落ちこぼれるのなら、相対的な地位の上昇が大きくなるので、私たちは成功者の没落を喜んでしまうというわけです。


参考文献:


Feather, N. T. (1989). Attitudes towards the high achiever: The fall of the tall poppy. Australian Journal of Psychology, 41(3), 239-267.


Feather, N. T., & McKee, I. R. (1993). Global self-esteem and attitudes toward the high achiever for Australian and Japanese students. Social Psychology Quarterly, 65-76.

Comments


bottom of page