top of page

仲間を助ける

アリの救出行動


アリは同じコロニーの個体のみを助ける

「困っている人がいたら、手を差し伸べる」


このような道徳的な行動は一般的には"当たり前"で"推奨されるべき"とされますが、「他者を助けること」はどのような進化的な説明が可能なのでしょうか?


アリを用いた研究によると、アリが他個体を救出するのはその個体が同じコロニーに属している場合のみでした。


罠にかかっている個体が他種であった場合や他のコロニーに属している場合などでは救出行動は見られませんでした。


つまり、アリに見られる救出行動は適応的な行動と言えるわけです。


なぜなら、他種の個体を助けることや他のコロニーの個体を助けることは包括適応度の観点からは無意味な行動と言えるからです。


参考文献:


Nowbahari E, Scohier A, Durand JL, Hollis KL (2009)Ants,Cataglyphis cursor, Use Precisely Directed Rescue Behavior to Free Entrapped Relatives. PLOS ONE 4(8): e6573.https://doi.org/10.1371/journal.pone.0006573

Comments


bottom of page