top of page

自然セラピー

祖先の環境とストレス


自然の写真を見るとストレスが軽減される

私たちは長い間祖先の環境(もしくは進化適応的環境:EEA)で生活してきました。


広い大地に木が生茂り、水が流れる川がある。


そんな場所で生活していたのかもしれません。


祖先の環境がどういったものかということは議論がありますが、少なくとも高層ビルが立ち並ぶことはなく、コンクリートで舗装された道路などは存在しなかったのは確かでしょう。


そう考えると、ヒトは自然の風景を人工的な風景よりも好むことになります。


ある研究では、ストレスと風景の関係が調べられました。


参加者(ややストレスを抱えている)は自然の風景を見るとストレスが軽減されました。


この結果は性別や住んでいる場所(都市か田舎か)の影響を受けませんでした。


参考文献:


Roger S. Ulrich(1979)Visual landscapes and psychological well‐being,Landscape Research,4:1,17-23,DOI:10.1080/01426397908705892


Ulrich, R. S. (1986). Human responses to vegetation and landscapes. Landscape and Urban Planning, 13, 29-44. doi:10.1016/0169-2046(86)90005-8

コメント


bottom of page