top of page

進化心理学とWEIRD

西洋の、教育を受けた、工業化された、豊かな、民主主義社会の人々


心理学のサンプルはWEIRD(Western, Educated, Industrialized, Rich, and Democratic)な人々が大部分な為、偏りが指摘されている
発達心理学のジャーナルでは90%以上、進化心理学のジャーナルでは81%がWEIRDなサンプルを使用
学生サンプルの使用は社会心理学が82%だったのに対し、進化心理学は44%
進化心理学は普遍的な人間性についての仮説をテストする必要性が高い為にサンプルが(多少は)多様である

皆さんはWEIRDという言葉を聞いたことがありますか?


WEIRDはWestern, Educated, Industrialized, Rich, and Democraticの頭文字を取って西洋の、教育を受けた、工業化された、豊かな、民主主義社会の人々という意味です。


心理学は人間の心について研究する学問ですが、サンプルがWEIRDに偏っているんじゃないか?という指摘があるわけです。


発達心理学のジャーナルでは90%以上、進化心理学のジャーナルでは81%がWEIRDなサンプルを使用されていることから、実際にサンプルが偏っていることがわかります。


また、学生サンプルの使用は社会心理学が82%だったのに対し、進化心理学は44%でした。


しかし、進化心理学は普遍的な人間性についての仮説をテストする必要性が高い為にサンプルが(多少は)多様であるということも言えます。


本当に人間の心について研究するのであれば、WEIRDな人々だけを対象とするのではなく、幅広い人々を対象とした調査や実験をすることが求められるわけです。


参考文献:


Henrich, J., Heine, S. J., & Norenzayan, A. (2010). The weirdest people in the world?. Behavioral and brain sciences, 33(2-3), 61-83.


Nielsen, M., Haun, D., Kärtner, J., & Legare, C. H. (2017). The persistent sampling bias in developmental psychology: A call to action. Journal of Experimental Child Psychology, 162, 31-38.


Sears, D. O. (1986). College sophomores in the laboratory: Influences of a narrow data base on social psychology's view of human nature. Journal of personality and social psychology, 51(3), 515.


Pollet, T. V., & Saxton, T. K. (2019). How diverse are the samples used in the journals ‘evolution & human behavior’and ‘evolutionary psychology’?. Evolutionary Psychological Science, 5(3), 357-368.

Comments


bottom of page