top of page

自分の顔を覚えていますか?

魅力が増された顔


自分の顔と10%刻みで魅力を増加/減少させた合計11種類の顔から自分の顔を選べるか確かめた実験
自分の顔だと選ばれる可能性が最も高かったのは20%魅力を水増しさせた顔
ヒトは自分の顔を実際よりも魅力的であると認識していることを示唆

「鏡よ鏡、世界で一番美しいのは誰?」という有名なセリフで知られる白雪姫のお話ですが、お妃様ほどではなくとも私たちは日々鏡で自分の顔を見ています。


しかし、私たちは自分の顔を覚えているのでしょうか?


2008年に行われた研究はこの疑問に答えるのに非常に面白い洞察を提供しています。


この研究では参加者に自分の顔と10%刻みで魅力を増加/減少させた合計11種類の顔から自分の顔を選べるか調べました。


すると、自分の顔だと選ばれる可能性が最も高かったのは20%魅力を水増しさせた顔だということがわかりました。


これは、ヒトが自分の顔を実際よりも魅力的であると認識していることを示唆しています。


「自分が思うより実際の顔は魅力的ではない」なんて、辛くなってしまう話でした。


参考文献:


Epley, N., & Whitchurch, E. (2008). Mirror, Mirror on the Wall: Enhancement in Self-Recognition. Personality and Social Psychology Bulletin, 34(9), 1159–1170. https://doi.org/10.1177/0146167208318601

ความคิดเห็น


bottom of page