top of page

採用されやすいのは?

魅力度とライバルの評価


魅力的な異性の評価は高い
魅力的な同性の評価は低い

採用面接の際に、魅力度が高い人は有利なのか不利なのか考えたことはないでしょうか?


魅力的な人は評価が高くなるのか、それとも低くなるのか、そんな疑問を確かめた研究があります。


その研究によると、魅力的な異性は高く評価され、魅力的な同性は低く評価されることがわかりました。


これは、仕事の採用と大学の入学という異なる条件(架空)でも同じ結果になりました。


つまり、異性とは潜在的な繁殖相手であり、魅力的なことは有利に働きますが、同性とは潜在的なライバルであるため、魅力的なことは不利に働くというわけです。


採用者が異性か同性かということも合否を左右する要素の1つなのかもしれません。


しかし、この研究には続きがあり、実は自尊心が高い人は魅力的な同性を低く評価しなかったのです。


自分の価値が高いと感じている人は同性のライバルの出現を気にも留めないということでしょう。


参考文献:


Agthe, M., Spörrle, M., & Maner, J. K. (2011). Does Being Attractive Always Help? Positive and Negative Effects of Attractiveness on Social Decision Making. Personality and Social Psychology Bulletin, 37(8), 1042–1054. https://doi.org/10.1177/0146167211410355

תגובות


bottom of page