top of page

弱いオス

死亡率と未熟児


男性であることはそれ自体が早死にを予測する最大の因子
未熟児が生存する確率は女児の方が高い

早死にする人の特徴はなんでしょうか?


例えば、自殺しやすい人、殺人により命を落とす可能性が高い人、インフルエンザで死亡する可能性が高い人を予測する最大の因子はなんでしょうか?


人口統計学的には、男性であることはそれ自体が先進国において早死にを予測する最大の因子でした。


つまり、男性は女性よりも自殺しやすく、殺されやすく、病で命を落としやすいということです。


男性の方が死亡率が高いという傾向は生まれた瞬間からすでに始まっています。


未熟児が生存する確率は女児の方が高いという調査からも明らかです。


つまり、男性は女性より生存という意味では"弱い"わけです。


なぜでしょうか?


進化心理学的にはヒトにおいて、女性は生まれた子どもが大人になるまで育てあげなければなりませんが、男性はそうではありません。


子育てを完了するまで生きるということよりも、男性に求められてきたのは薄命だろうがなんだろうが、多くの子孫を残すような形質だということでしょう。


参考文献:


Kruger, D. J., & Nesse, R. M. (2004). Sexual Selection and the Male:Female Mortality Ratio. Evolutionary Psychology. https://doi.org/10.1177/147470490400200112


Stevenson, D. K., Verter, J., Fanaroff, A. A., Oh, W., Ehrenkranz, R. A., Shankaran, S., Donovan, E. F., Wright, L. L., Lemons, J. A., Tyson, J. E., Korones, S. B., Bauer, C. R., Stoll, B. J., & Papile, L. A. (2000). Sex differences in outcomes of very low birthweight infants: the newborn male disadvantage. Archives of disease in childhood. Fetal and neonatal edition, 83(3), F182–F185. https://doi.org/10.1136/fn.83.3.f182

Comments


bottom of page