top of page

ただ考えることは苦痛なのか?

考えるだけか電気ショックか


多くの参加者は、一人で考え事をするよりは「お金を払ってでも避けたい」と言っていた電気ショックを自分に与えることを好むことが判明
たとえネガティブなものであっても、何もしないよりは何かをしている方が好きということ

世の中には様々な仕事がありますが、中にはとても退屈に見えるような仕事もあります。


私たちは“退屈”に対してどのような反応をするのでしょうか?


2014年に行われた驚くべき実験では、多くの参加者は、一人で考え事をするよりは「お金を払ってでも避けたい」と言っていた電気ショックを自分に与えることを好むことが判明しました。


つまり、たとえネガティブなものであっても、何もしないよりは何かをしている方が意外に多くの人は好きということです。


何もしないということは私たちが事前に予測するよりも苦痛なことなのかもしれません。


思い出してみると、暇な時ほど(たとえつまらなくても)色々な遊びを思いついていたのは、退屈に対する反応だったのかもしれません。


参考文献:


Wilson, T. D., Reinhard, D. A., Westgate, E. C., Gilbert, D. T., Ellerbeck, N., Hahn, C., Brown, C. L., & Shaked, A. (2014). Social psychology. Just think: the challenges of the disengaged mind. Science (New York, N.Y.), 345(6192), 75–77. https://doi.org/10.1126/science.1250830

Comments


bottom of page