top of page

女性の魅力は贈り物か?それとも呪いか?

女性加害者の身体的魅力と被害者の性別


女性加害者の身体的魅力が被害者からの許しにどう影響するか検討した2012年の研究
魅力的な女性加害者は(魅力的でない加害者と比べて)男性被害者から許しを得られる可能性が高かったが、魅力的な女性加害者は(魅力的でない加害者と比べて)女性被害者から許しを得られる可能性が低かった

身体的な魅力が高いことは有利に働くことが多いため(神様からの)贈り物だと考える人は多いかもしれませんが、本当にそうなのでしょうか?


もしかすると、身体的魅力は個人に負の影響をもたらす呪いのようなものかもしれません。


魅力が贈り物なのか、呪いなのかについては「女性加害者の身体的魅力が被害者からの許しにどう影響するか検討した2012年の研究」が参考になります。


一つ重要なのですが、この研究での加害者と被害者というのは仮定シナリオ上の話で、さらに犯罪の加害者、被害者というものではなく、あくまでも迷惑をかけた方とかけられた方というような扱いです。


この研究では、魅力的な女性加害者は(魅力的でない加害者と比べて)男性被害者から許しを得られる可能性が高かったが、魅力的な女性加害者は(魅力的でない加害者と比べて)女性被害者から許しを得られる可能性が低かったことがわかりました。


将来の望ましい配偶者としての可能性がある魅力的な女性を許すことは男性にとってメリットが大きいですが、魅力的な女性がライバルとなりえる女性にとってはデメリットの方が大きいことがこの差を生み出しているのかもしれません。


この点についてはさらなる検討が必要だと思いますが、少なくとも女性の魅力は良い方向に働くこともあれば、悪い方向に働くこともあるということが確認された研究でした。


参考文献:


Phillips, A. E., & Hranek, C. (2012). Is beauty a gift or a curse? The influence of an offender's physical attractiveness on forgiveness. Personal Relationships, 19(3), 420-430.

Komentarai


bottom of page