top of page

収入が増加しても幸せになれない理由

幸福度と所得順位の関係


収入が増えることではなく、所得順位が上がることが幸福度の上昇に繋がる

お金と幸福度の関係について考えたことがある方は、収入が増えると幸福度も上昇するという意見を聞いたことがあるかもしれません。


しかし、進化心理学的にはこの説明は不十分です。


進化心理学的には、私たちが収入を気にするのは、高い収入を持つことが異性によって配偶者として選ばれることに繋がるからと言えます。


つまり、他者より稼いでいるかどうかが重要ということです。


2010年に発表された論文でも、幸福度の上昇に必要なのは収入の増加ではなく、所得順位の上昇だとされています。


今までの研究が、収入の増加が幸福度の上昇に繋がるとしていたのは、収入の増加が一般的には所得順位の増加に繋がるからです。


昨年より100万円収入が増加しても、周囲の人々も同じように収入が増加していれば幸福度は変化しないということです


「お金を稼ぐ意味、それは異性に選ばれやすくなるため」


そう考えると、幸福度の上昇に必要な要素が単純な収入の増加ではないことがわかるでしょう。


参考文献:


Boyce, C. J., Brown, G. D., & Moore, S. C. (2010). Money and happiness: rank of income, not income, affects life satisfaction. Psychological science, 21(4), 471–475. https://doi.org/10.1177/0956797610362671

Commentaires


bottom of page