top of page

いい奴がいるグループはいいグループ?

集団の互恵性


経済ゲームにおいて、個人間での協力関係はグループ間での協力関係に発展する
自分の集団の誰かがあるグループのメンバーに協力していると、そのグループの他のメンバーに対しても協力しやすい

ささいな友人同士の喧嘩が、他の友人たちを巻き込み大きな喧嘩へと発展していく。


そんな話よくありませんか?


一昔前だと、暴走族の乱闘などがイメージしやすいと思います。


もしかすると、私たちは誰かが何かすると(良いことも悪いことも)、その個人が所属するグループにも関連付けて考えるのかもしれません。


ある研究によると、経済ゲームにおいて、個人間での協力関係はグループ間での協力関係に発展するということがわかりました。


つまり、自分の集団の誰かがあるグループのメンバーに協力していると、そのグループの他のメンバーに対しても協力しやすい。


グループ間での協力と言うのは、個人間での協力があるからこそ成り立つというわけです。


参考文献:


Hugh-Jones, D., Ron, I., & Zultan, R. (2019). Humans reciprocate by discriminating against group peers. Evolution and Human Behavior, 40(1), 90-95. doi:10.1016/j.evolhumbehav.2018.08.005

Comments


bottom of page