top of page

美しい花には棘がある

乳幼児の棘に対する反応


棘は植物の防御機構
乳幼児は棘がある植物を触りたがらない

美しい花には棘があるとは言われることがありますが、なぜそもそも棘がある植物が存在するのでしょうか?


実は、棘には植物を外敵から守るという大切な役割があります。


この説明が成り立つためには実際に外敵が棘のある植物を避けるかどうか確かめる必要があります。


2018年の研究では、乳幼児は棘がある植物を触りたがらないことがわかりました。


つまり、棘がある植物は、棘がない植物に比べて実際に外敵から忌避されるようです。


進化とは動物だけに起こるのではなく、植物と動物(外敵)の競争でも起こるということを示す例の1つです。


参考文献:


Włodarczyk, A., Elsner, C., Schmitterer, A., & Wertz, A. E. (2018). Every rose has its thorn: Infants' responses to pointed shapes in naturalistic contexts. Evolution and Human Behavior, 39(6), 583-593. doi:10.1016/j.evolhumbehav.2018.06.001

Comments


bottom of page