top of page

求めるのは異性

アイオワ・ギャンブリング課題と性的興奮


性的興奮とアイオワ・ギャンブリング課題での成績の関係を調べた研究(参加者は異性愛者の男性)
性的写真が有利なデッキに含まれていると成績は向上し、不利なデッキに含まれていると成績は低下する

男性が愚かな判断を下してしまう例は枚挙にいとまがありませんが、どのような状況で男性が(一見すると)愚かな判断を下してしまうのか見てみましょう。


性的興奮とアイオワ・ギャンブリング課題での成績の関係を調べた研究があります。


参加者は全員異性愛者の男性だったことには注意が必要です。


この課題では複数のデッキの中からカードを選んでいくわけですが、選び続けると獲得金額が増える“有利なデッキ”と選び続けると獲得金額が少なくなる“不利なデッキ”に実は分かれています。


もちろん、参加者は多くの資金を獲得する為に“有利なデッキ”を選んでいく必要があります。


面白いのは、性的写真が有利なデッキに含まれていると成績は向上し、不利なデッキに含まれていると成績は低下したことです。


つまり、男性は性的写真が有利なデッキに含まれている時に有利なデッキを選ぶ傾向が高まり、性的写真が不利なデッキに含まれている時に不利なデッキを選ぶ傾向が高まった、つまり男性の意思決定は性的興奮と関連付けられていたということです。


男性にとって重要なことは異性の獲得であり、課題の成績によって得られる目先のわずかなお金ではそもそもないということを私たちは理解する必要があるでしょう。


男性が一見すると愚かな意思決定をしてしまう状況にはその決定に異性の獲得が含まれているからなのかもしれません。


参考文献:


Laier, C., Pawlikowski, M., & Brand, M. (2014). Sexual picture processing interferes with decision-making under ambiguity. Archives of Sexual Behavior, 43(3), 473-482.

Комментарии


bottom of page