top of page

結婚前後、離婚前後のテストステロン

結婚や離婚による男性のテストステロンの変化


空軍の退役軍人(ベースライン時32〜68歳)1,881人を対象に10年間、4回テストステロン値を測定した研究
年齢によって調整されたテストステロンレベルは結婚前後の数年間は低下していたが、離婚前後の数年間は比較的高いことが判明

一度にデータが取れる横断的研究とは異なり、同じ対象者を何度も調査する縦断的研究は実施はとても大変ではありますが、非常に重要なデータを提供してくれます。


今回は、男性のテストステロン値を調べた縦断的研究をご紹介します。


空軍の退役軍人(ベースライン時32〜68歳)1,881人を対象に10年間、4回テストステロン値を測定した研究によれば、年齢によって調整されたテストステロンレベルは結婚前後の数年間は低下していましたが、離婚前後の数年間は比較的高いことがわかりました。


これは、男性のテストステロンレベルが生涯にわたって一定なのではなく、婚姻状況によって影響を受けることを示唆しています。


結婚後に落ち着く男性、離婚後にアグレッシブになる男性はテストステロンの影響なのかもしれません。


参考文献:


Mazur, A., & Michalek, J. (1998). Marriage, divorce, and male testosterone. Social Forces, 77(1), 315-330.

Comments


bottom of page