top of page

男性同士の争いと生存への貢献

一夫一妻制と一夫多妻制の時の男の頑張り


一夫一妻制から一夫多妻制になるにつれて、男性の攻撃性は増加し、男性の生存への貢献割合は減少する
一夫一妻制は男性同士の争いを減らし、母子により多く投資させるために役立つということ

犯罪率が高いのはどっち?では一夫多妻制の下では男性同士の争いが増加するということを紹介しました。


それと関連して、一夫一妻制と一夫多妻制の違いを考えてみましょう。


2000年の研究から、一夫一妻制から一夫多妻制になるにつれて、男性の攻撃性は増加し、男性の生存への貢献割合は減少することがわかりました。


生存への貢献とは、食物を手に入れたり、作り出したりすることを意味します。


この研究が意味するところは、一夫多妻制は男性同士の争いを減らし、母子により多く投資させるために役立つということです。


男性同士が異性を巡って過激な争いをせず、結婚したら多くの時間を母子に費やすのは、一夫一妻制だからなのかもしれません。


参考文献:


Marlowe, F. (2000). Paternal investment and the human mating system. Behavioural Processes, 51(1-3), 45–61. https://doi.org/10.1016/S0376-6357(00)00118-2

Comments


bottom of page